« September 2005 | Main | November 2005 »

October 17, 2005

Steve Jobsに学ぶ英語&放送革命

梅田さんの
Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:リスニング編
を読んで、IT Conversationsにトライしてみたが、英語の教材とするには、わりと上級者向けだと思った。
少なくとも自分のリスニング力ではあんまり聞き取れない。SPEAKERにもよるが、かなりスピードが速いのと、なによりCNNのアナウンサーとかと違って発音がクリアーでないのが一番の難点だ(当たり前だけど)。

と思っていたら、もっといい教材を見つけた。
Life is beautifulさんのスティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキルからたどり着いた、アップルのCEO、Steve Jobs氏の製品発表のプレゼンテーション映像だ。

もちろんプレゼン能力はすばらしい。まるで役者のようだ。
でもそれと同時に、彼の話す英語もまたすばらしい。発音がクリアーで、抑揚があり、専門用語は避けて誰でも分かるようにゆっくり話す。内容もユーモアを交えて面白い。

仮にまたアップルを解雇されても、この人は多分、NOVAの講師をやらせてもかなり優秀なんじゃないか(笑)
Video iPodにこれらを落とし込んで通勤途中とかに聞けば、いい英語の勉強になりそうだ。

話は変わるが、Steve Jobsのプレゼンを見て思ったのは、
同じくLife is beautifulさんやR30 さんが指摘するように、今回の発表の肝はVideo iPodという小さなデバイスで映像を持ち運べるようになる、ということではなくて、音楽配信に続いて「映像コンテンツの流通革命」を起きようとしていることだろう。

新バージョンのiTunesでは、音楽クリップビデオのほかに、さっそくテレビドラマも5作品が配信されるらしい(放送翌日からダウンロード可能)。
この5作品はいずれもABCのもので、そのABCを所有しているのがディズニー。その大元のディズニーとアップルががっちり手を結ぶというのだから、インパクトは大きい。配信ラインナップもかなり強力なものになるのだろう。

ひるがえってわが国では、未だに楽天とTBSの争いを巡って「電波の公共性」とか「ネット企業は信頼できるのか」とか訳の分からないことを議論してるんだもんな。
電波利権を握るテレビ局のことよりもユーザーの利便性を優先してくれよ。

| | Comments (258) | TrackBack (10)

October 05, 2005

激安新聞は買いか-産経NetView

早速うわさの産経NetViewを使ってみた。
紙の新聞をそのまま丸ごと電子化したもので、なにより衝撃的なのはその値段。月額315円!というから、今までの新聞購読料の10分の1だ。

新聞離れの著しい若者を取り込もうと、「携帯サービスと同じ値段にした」ということだが、こんな値段で見られるなら、
3千円払うのがバカらしくなって紙の購読者数が一気に減って自分の首を絞めるだけじゃないか?
既存の販売店から猛反発を食らうんじゃないか?
などなど素朴な疑問が沸いてくるが、この業界の将来を占う上では、大注目の実験だ。

で、使ってみての感想はというと、
んーーー・・・チョンマゲと刀時代の発想から抜け切れていない、妙に時代錯誤なシロモノという印象。

まず、紙のレイアウトをそのままPCのモニターに持ち込んでも全然見やすくない。
新聞紙はA2位の大きさがあるから一覧性というメリットが生まれるのであって、新聞記事をそのままモニターで再現されても、拡大・縮小やスクロールを何回も繰り返さなくちゃいけなくて面倒臭い。

この点、猫手新聞さんも

そもそも新聞そのままの体裁で出す事も疑問。デバイスによって同じコンテンツでも見せ方が違うのは常識で、だからこそデザイナーが腐心している訳で。 1024×768の環境で見開き表示で文字が読めますか?画面は20インチあろうと72dpiしかない事に変わりはないのですから、新聞と同じ見やすさは 求められないはず。書体や文字の大きさにこだわってきたはずの新聞の名が廃ります。スクロールすればいいじゃん、という言い分は論外。一覧性の無くなった 縦打ちの新聞は、横打ちが基本のネット世界では究極の異端プラットフォームなんですから。

と書いている通り。

次に、紙をそのままスキャナで取り込んだようなものなので、テキストとして扱えないから、記事の「コピー&ペースト」も「検索」も「保存」もできない。
さらに今日の紙面しか見られないので、気になった記事を保存しようとすると、紙にプリントアウトする以外にない(電子化の意味ねー!)

Continue reading "激安新聞は買いか-産経NetView"

| | Comments (383) | TrackBack (7)

« September 2005 | Main | November 2005 »