September 11, 2006

昭和20年、東京で起きた9・11

Thumbphp_1

200年分の記事を検索できるGoogle News Archive Searchをさっそく使ってみようと、試しに「tojo hideki」と入れてみたら、奇遇にもこんな記事が引っ掛かった。

「1945年9月11日、東京郊外の多摩川の午後は蒸し暑かった」

という書き出しで始まる、TIME誌の「"Hold It," Tojo」という記事(1947年6月16日)を見ると、昭和20年の9月11日は、GHQがA級戦犯として東条英機を逮捕しようと東条の自宅を訪ね、東条が拳銃で自殺を図った日だという。

アラブ人のテロリストは、「アラー」の名を叫びながら、自らの命とひきかえにアメリカで数千人の命を奪った。
その56年前、元祖「カミカゼ攻撃」で無数の若い日本人を犬死にさせた東条は、一体だれのために、何の責任を取ろうと自殺を図ったのか?

TIMEの記事によると、東条の自宅から一発の銃声が聞こえ、家の外で逮捕の瞬間を待ち構えていたアメリカの記者達が踏み込むと、自らの胸を銃で撃った東条が血を流して床に倒れていた。記者達は、息絶え絶えの東条の手当をするどころか、仲間うちで「東条の頭をもう少し右に動かせ」とか「銃を東条の手に押し当ててくれ」と言い合い、歴史的瞬間の写真をよりよい見栄えにしようと、 瀕死の重傷人を手荒に扱っていた。あとどれくらいで東条の息が止まるか賭けをしていた記者もいたという。
 2時間ほど経ってようやく駆けつけた医師は記者達に問い詰めた。
「誰だ、東条の体を動かしたのは?そのせいで血が余計あふれ出たじゃないか」
そして意外な言葉を続けた。
「君たちが体を動かしたおかげで、肺に貯まるはずの血が外に流れ、彼は一命をとりとめた」
-------------------(以上、超意訳)

歴史は、登場する1人1人の意図とは無関係に、全く別の方向に流れていく。結局、「生きて捕虜の辱めを受くることなかれ」と自国の若い兵士に説いたショーグンは自決を遂げることなく、敵国に生け捕りにされ、法廷で「戦争犯罪人」と断罪された末、絞首刑に処せられた。

この偶然にも一命を取り留めた経緯が、よく知られた史実なのかどうかよく知らないけど、当時の世論は「死に損なって捕まった東条はヘタレだ」と冷たい反応だったそうだし、最近でも、佐々淳行や石原知事が、軍人のくせに小さい口径の銃で自殺を図って死にきれなかった点を批判をしているらしい。だがこの記事が正しければ、この批判は的外れだということになる。記者に乱暴に扱われていなければ、東条はその場で息絶えていたのだ。

となると興味深い疑問が湧いてくる。自殺していた場合、東条は今のように靖国に祀られていただろうか?A級戦犯としての判決を受ける前に死んでいても、靖国に祀られる条件である「戦争の犠牲者」ということになるのだろうか?あるいは連合国に裁かれなかったとしたら、日本人が自らの手で彼の戦争行為を検証し、責任を追及しただろうか?

ところでなぜ彼は自殺しようとしたのだろうか?彼が最後まで「自分が間違った戦争を指導した」と思っていなかったことは、自殺前に書いた遺書を読めば明白だ。

《英米諸国人に告げる》
今や諸君は勝者である。我が邦は敗者である。この深刻な事実は私も固より、これを認めるにやぶさかではない。しかし、諸君の勝利は力による勝利であって、正理公道による勝利ではない。・・・我れ等はただ微力であったために正理公道を蹂躙されたのであると痛嘆するだけである。

《日本同胞国民諸君》
・・・大東亜戦争は彼らが挑発したものであり、私は国家の生存と国民の自衛のため、止むを得ず受けてたっただけのことである。この経緯は昭和十六年十二月八日の宣戦の大詔に特筆大書されているとおりであり、太陽の輝きのように明白である。ゆえにもし、世界の世論が、戦争責任者を追及しようとするならば、その責任者は我が国にいるのではなく彼の国にいるということは、彼の国の人間の中にもそのように明言する者がいるとおりである。不幸にして我が国は力不足のために彼の国に敗けたけれども、正理公議は厳として我が国にあるということは動かすことのできないことである。・・・日本は神国である。永久不滅の国家である。

敵もいない遠く南の島で、自国から見捨てられ食料の補給もないまま部隊ごと飢え死にしたのも、特攻隊で犬死にしたのも、みんな鬼畜米英のせいだそうだ。

もちろん、戦争の一方が100%悪で、100%善ということはない。「アラー」を叫ぶアルカイダのテロリストも、「大義の戦争」を振りかざすブッシュも同じくらい狂信的で、理性を失っている。冤罪で無数のイラク人と自国の兵士を殺したブッシュこそ「平和に対する罪」で絞首台に上るべきじゃないのか?

だけど人のことをとやかく言う前に日本人にもかつて、集団ヒステリーを起こした過去があることは否定のしようがない。(いまだに日本を神の国だと信じている人は別として)。

「韓国や中国に言われて靖国参拝を取りやめるのはしゃくだ」
「東京裁判は間違っている」
という点も部分的には理解はできる。

だけど「あの戦争はまちがっていなかった」 「A級戦犯は濡れ衣だ」の地点まで戻るのならば、それは昭和二十年夏の敗戦以降の、この平和と繁栄を謳歌する日本の戦後体制すべて、ちゃぶ台をひっくり返すところまで、時計の針を戻してしまうことになる。それはすなわち中国・韓国を敵に回すだけでなく、より本質的には往年の宿敵、アメリカと再び対峙するということだ。世界中を敵に回して「もういっちょうやるか!」と行くところまで行こうというのか。

ちなみに自分の政治的な立場を明らかにしておくと、ウヨクもサヨクも嫌いな現実主義者です。どちらかというとノンポリであり、特定のイデオロギーにシンパシーを寄せることなく、リクツだけで物事は見る必要があると考えます。

靖国問題に関してネット上をざっと眺めて、最もリクツ的に納得できた意見を参考までに挙げておきます。

A級戦犯合祀は自らやめるべきである(7月20日改)(nozomu.net)
靖国問題で即席のコメントを求められました。あくまで即席回答です(MIYADAI.com Blog)
A級戦犯問題を「論理思考」で考察する (大前研一氏)
天皇はなぜ参拝しないのか 「心の問題」論と靖国神社(立花隆の「メディアソシオ・ポリティクス」)

| | Comments (278) | TrackBack (8)

September 17, 2005

民主党再生の条件

今回の民主党の敗因について、
「労働組合に牛耳られているからダメだ」
「だから労働組合の支配から脱却しなければならない」
という議論をよく耳にするが、評論家の意見にすぎないと思う。
当の民主党自身が前から「そんなことは分かっちゃいるけど、解決できない」問題としてずっと引きずってきたわけだから。

ニワトリが先か卵が先かの議論じゃないけど、労働組合の支えがなければ、今の民主党は存立しえないわけで、この「共依存」の関係を発展解消するのはそう簡単ではない。

ところで、今回自民党が300議席取って圧勝と言われるけど、地方議会に目を向ければ自民独裁ぶりはその比ではない。全国各地の事情を調べたわけではないが、民主の強い東京都議会(自民48議席 民主35議席)とか愛知県議会(60議席:30議席)とかはかなり例外的な方だろう。市町村議会にいたってはどこも「自民にあらずば議員にあらず」みたいな雰囲気は今も全く変わっていない。

党員数でみると民主党組織のぜい弱ぶりはさらに際立つ。
自民党の約160万人に対し、民主党は党員・サポーター数を合わせてもその10分の1程度しかない。地方に行くほど組織の弱さは深刻で、島根2区なんか、党員数の差は100倍もあるという。

Continue reading "民主党再生の条件"

| | Comments (190) | TrackBack (14)

August 25, 2005

自民党がブログを政策に反映!

若手企業家が集まって(すごいメンバーばかり!)、国民に選挙参加を呼びかける市民運動をはじめたという。
「YES!PROJECT」という名前で、ブログとSNSを使って

・選挙に行こう!     YES!
・改革をすすめよう!  YES!
・もっと発言をしよう! YES!

というメッセージで今まで政治に関心がなかった人たちに政治参加を呼びかけるという。

ものすごく画期的なことだと思う。
ホリエモンもこれまで「選挙にほとんどいったことがない」そうだし、
このプロジェクトに参加されているような若手経営者の中にも、今まで選挙に行ったことがない人もいるという。
こういった層の人々が政治に参加することをきっかけに、日本の民主主義も大きく変わりそうな気がする。

そしてなんと、あの自民党がブロガーと政策について意見交換をする場を設けるという!

明日(25日)19:00より、自民党で、武部幹事長、安部晋三幹事長代理、世耕幹事長補佐がブロガーを集めて自民党の政策説明をし、意見交換する企画があるようだ。僕にも招待状が届いた。ブロガーを招くとは画期的なことだと思う。(堀義人blog 「企業家の風景」)

Continue reading "自民党がブログを政策に反映!"

| | Comments (76) | TrackBack (14)

August 21, 2005

勝ち組になるために投票に行こう!

ropponngi_hills あなたも投票に行けば勝ち組になれる!
行かなきゃ搾取される!


そのココロは?
まず、なぜ例えば農民、土建屋、特定郵便局長、老人といった現在、既得権益を握っている人達は、既得権益層たりえているのか?
「声の大きい(=政治力の大きい)人達だから」
じゃあなぜ声が大きいか?
それは「必ず選挙に行く人達だから」だ。
(また直接的に選挙運動を手伝ってくれる人たち、政治献金というゲンナマ爆弾をくれる人たちでもある)

逆に今の時代、搾取されている人達というのは、一般のサラリーマン、若者たちだ。答えは簡単。「選挙に行かないから」。

「政治に興味がない」
「自分が1票を入れても何も変わらない」
そう思ってる人たちは、そんな考え方こそが裏返せば自民党の利権体質を支えてきたことに早く気づくべきだ。
冒頭の言葉に戻れば、むしろ民主主義社会においては「負け組にならないために選挙に行こう!」という方が正しいかもしれない。

自民税調のサラリーマン狙い撃ち増税案の例をはじめとして、国の政策には「なんでこんな不公平なんだ」ってのがたくさんある。別に作った官僚がバカで意地が悪いからではない。政策の現場においては理想よりも実行可能性が優先される。どんなに理想的な政策でも実行できなければ意味がない。

「医療費を減らすな!」「郵便局は1つもつぶすな」「もっと公共事業を」
声の大きい圧力団体と、彼らに支えられる族議員によって政策は捻じ曲げられ、結局仕方ないから「文句を言わない人達」に全部ツケ回される。夕刊フジを読んで不満は抱いても決して役所や政治家に文句は言わず、税金は源泉徴収で100%払ってくれるありがたい人たちに。

こうして投票に行かない人達は、無駄な道路の建設費やバカ高い高速道路代を払わされ、価格競争力のない(高い)農作物を買わされ、親父の世代の国の借金を背負わされ、年金を払ったのに老人になってももらえないことになる。

逆説的に言えば、これまでの自民党ほどすばらしい政党はなかった。なぜなら投票してくれる人たち(農協、建設業協会、郵便局など)にはたっぷりと利益を分捕ってきてくれたわけだから。

選挙に行く人は報われ、行かない人は搾取される。
現代日本において民主主義という制度は見事なまでに有効に機能してきた!


政治家は何も好きで特定の人たちに利権を与えているわけではない(もちろんそういう人もいるだろうが)。むしろ国民の代表である政治家という職業は究極のサービス業である。政治家も選挙に落ちればただの人。投票してくれた人のために必死で尽くすのが彼らの本分なのだ。だが投票率が30%ともなれば、投票に行ったのは特定の団体や関係者だけということになる。現実の政治がこんなにイビツになってしまうのも当然のことだ。
サラリーマンや若者達が大挙して投票に行くようになれば、政治家も尻尾を振ってその人たちのニーズに応えるべく働いてくれるはずなのだ。

| | Comments (889) | TrackBack (79)